日々の雑感などなど
by kajamoja
カテゴリ
全体
いろいろ
映画・TV
マンガ・アニメ・ゲーム
読書
音楽
コンピュータ
145
WRC
フリマ
鉄道
通販
検索
最新のトラックバック
Donald Fagen..
from 音楽の杜
Firefox の重要な..
from ジーバカキュン
memo
from 地面より↑
う~ん 懐かしい響き
from 地面より↑
世は闇です。
from オレのワンニャン時空伝
奄美名物「鶏飯」を食す
from あげーのしま 奄美
画家「田中一村」の人生、..
from あげーのしま 奄美
輸入制限
from オレのワンニャン時空伝
04月18日(日) こん..
from 145QV 日記!!
RSSリーダー
from 地面より↑
ある日どこかで
3年程前に原作が翻訳されたんですが、その訳者あとがきで始めてこの作品がまだDVD化されていない事を知りました。昨年の暮れに初DVD化です。
LDで何度も観ているこのDVD、購入直後からの横積み状態を救済せんと観ました。

何度観ても良い。何しろ最初の40分ほどヒロインが出てこない。年老いた姿や写真で興味をひきつけておいて、あのファーストコンタクトでの圧倒的な美しさ。「あなたなの?」なんて囁かれようものならもうメロメロです。音楽も良い、今回ついでにCDも購入したぐらいです。

しかしこの原作をあのリチャード・マシスンが書いたとは。てっきり作中出てくるジャック・フィニイが書いたものとばかり思っていました。「夢の10セント銀貨」とか似た話があったし..
似た話といえばロバート・ネイサンの「ジェニーの肖像」(映画あり)や萩尾望都の「マリーン」もありますね。

特典映像には、この作品を知るきっかけとなった村上春樹さんのエッセーで触れられていた通りに、時代毎にフィルムメーカを変更している話が出てきました。他にもいろいろな撮影時のエピソードや公開直後の酷評、その後のカルト化について1時間以上収められています。これだけでも購入の価値ありです。
[PR]
by kajamoja | 2004-04-01 01:18 | 映画・TV
<< 異色作家短篇集 さようならのラーメン屋さん >>