日々の雑感などなど
by kajamoja
カテゴリ
全体
いろいろ
映画・TV
マンガ・アニメ・ゲーム
読書
音楽
コンピュータ
145
WRC
フリマ
鉄道
通販
検索
最新のトラックバック
Donald Fagen..
from 音楽の杜
Firefox の重要な..
from ジーバカキュン
memo
from 地面より↑
う~ん 懐かしい響き
from 地面より↑
世は闇です。
from オレのワンニャン時空伝
奄美名物「鶏飯」を食す
from あげーのしま 奄美
画家「田中一村」の人生、..
from あげーのしま 奄美
輸入制限
from オレのワンニャン時空伝
04月18日(日) こん..
from 145QV 日記!!
RSSリーダー
from 地面より↑
サンリオSF文庫の想い出
サンリオが出版事業をやっていたことを覚えているでしょうか。そのうちSF文庫なんてモノを開始し、かなり気合の入ったラインナップを揃えていました。
しかしながらワタシにとっては文庫の値段が高かった、当時「ローダン・シリーズ」を読んでいたので毎月確か280円は消化されます。残りを考えると早川や創元の文庫との価格差約100円はちょっときつかったというのが本音です。100円玉をチャラチャラさせながら本屋で悩んだことを覚えています。後々後悔するんですけどね..

というようなことをSF美術館というサイトの「展示履歴」の「サンリオSF文庫背表紙一覧」を眺めながら思い出していました。全部で197冊出版されていたんですね。ココまで並ぶと壮観です。「表紙絵」のコーナーにも書いてありましたが、最終発刊の「アルベマス」が店頭に並んだ日、なぜか「後書き」を立ち読みして慌てて買いそびれていたサンリオ本を購入した覚えがあります。ディック物は無条件に購入していたんですけどね..
今でも古本屋で見かけると必ず目を留めるサンリオSF文庫ですが、あと2,3冊欲しいものがあります。インターネットで探せば買えるのは解っているんですが、やっぱり古本屋で手にとってみたいなぁと思っています。
[PR]
by kajamoja | 2004-05-10 03:20 | 読書
<< 「パヴァーヌ」 アクセス数 >>